Home種類 ≫ セミベジタリアンって何?

セミベジタリアンって何?

GUM03_PH05168ベジタリアンは肉類や魚介類を食べず、野菜や穀物等の植物性の食品を食べている人の事を言います。
色々な考え方や思想、文化によって様々なベジタリアンがいます。

動物性の食品は一切食べないと言うケースから肉は食べなくても魚類は食べる、乳製品や卵は食べる、魚介でも甲殻類や貝類は食べる等、かなり詳細に分けられます。
しかしながら、肉類を完全に食べない生活は、日本の社会で考えると中々完璧に実践する事は難しくもあります。

宗教上の理由で食べる事が出来ない場合は別として、健康の為にと言う考え方ならば、むしろ普通よりも肉類を少なく、野菜等を中心に食べるセミベジタリアンがより実践しやすいでしょう。
明治時代以降、特に第二次世界大戦後は食の欧米化が進んだ結果、日本人の食事も一般的には肉食が多くなっています。

ですが、元々腸が長い日本人には肉食が向いていない事もあり、生活習慣病が増加する等の問題も発生しています。
そこでベジタリアンが注目されるようになったのですが、肉や魚介類にも健康を維持する為に必要な栄養素は多く含まれています。

健康の為に最も大切な事は、栄養のバランスが良い食事をする事であり、肉食や菜食のどちらかに偏る事ではありません。
そこで、あくまでも健康を意識して食生活を改善する事に主眼を置き、セミベジタリアンは日本古来の伝統的な食品にも目を向け、
食べ過ぎていた肉を減らし、野菜や穀物を大量に食べて健康な身体にしようとしています。

Share this page

Copyright(c)ベジタリアン研究所,All Rights Reserved.