Home種類 ≫ ベジタリアンの種類

ベジタリアンの種類

ベジタリアンとは基本的に、動物性の食品を食べない事が主義である人です。
それぞれの思想には定義に異なる点があり、いくつかの種類に分類されています。

食べて良い物と悪い物によって分類されるベジタリアンの代表的な種類としてはラクト・オポ、ラクト、オポ、ビーガン、ダイエタリー・ビーガン、オリエンタル等があります。
ラクト・オポは乳卵菜食で肉類や魚介類は食べませんが、卵や乳製品は食べます。

ラクトは乳菜食で肉類と魚介類、卵は食べず、乳製品は食べます。
オポは卵菜食で肉類と魚介、乳製品は食べずに卵は鳥、魚介も共に食べます。

GUM03_PH05028ビーガンは純粋菜食や完全菜食主義と言われ肉類や魚介、卵、乳製品からハチミツに至るまで、全ての動物性食品を一切摂取しません。
更には革製品、ウール製品から一切の動物の使用までを排除しています。

ダイエタリー・ビーガンは食事に関してはビーガンと同様ですが、食用以外の動物の使用は否定していません。
オリエンタルは仏教系の菜食主義者であり、肉類や魚介はもちろんニンニク、ニラ、らっきょう、ネギ等も食べず、食用以外への動物の利用は許容しています。

ベジタリアンを動機によって分類すると宗教上の教義による系統、宗教の影響も受けた哲学や倫理学の思想による系統、健康の為に肉食を避ける系統等があります。
宗教上の動機ではインドに始まるジャイナ教やヒンズー教に顕著であり、仏教やキリスト教にも見られます。

哲学や倫理学思想に基づく中には、かなり極端なベジタリアンも存在します。

Share this page

Copyright(c)ベジタリアン研究所,All Rights Reserved.