Home基礎知識 ≫ ベジタリアンになる意味とは?

ベジタリアンになる意味とは?

GUM03_PH05021ベジタリアンになっている人にはそれぞれ動機や目的、意味があります。
宗教上の理由でベジタリアンになっている場合には、戒律として決められている事を守る事によって、自分自身の内面に対しての意味があります。

しかしながら、最近では健康上の目的で過剰な肉食を避けてベジタリアンとなっている人も少なくありません。
厳密に肉類も魚介類も食べないという人もいれば、それぞれの考えに基づいて乳製品や卵は食べる、魚や甲殻類、貝類等は食べる人もいますから、それぞれ意味も違ってきます。

肉類を食べない事のメリットは中性脂肪の増加や内臓脂肪、皮下脂肪の必要以上になる蓄積を防ぐ事が出来る為、肝臓や腎臓等への負担を減らす事が出来る点です。
その結果として、生活習慣病になるリスクを減らす事が出来ます。

日本では、食生活の欧米化が進んだ事によって従来の日本食よりも肉を食べる食事が増え、生活習慣病が増加している原因になっているとして、問題になっています。
それ以上にアメリカでは、もっと肥満が深刻な問題になっています。

乳製品や卵等も食べない完全なベジタリアンでも、充分に工夫をすれば健康な身体を維持する為に必要な栄養分は摂取する事が出来るとされています。
ただ、様々な研究によれば多くの場合にたんぱく質、ビタミンB12等の必要な栄養やエネルギーが不足しがちになりやすいとわかっています。

その結果、心疾患や脳疾患等のリスクが高くなると言う研究結果もあります。

Share this page

Copyright(c)ベジタリアン研究所,All Rights Reserved.