ベジタリアンについての基礎知識

ベジタリアンの基礎知識

ベジタリアンについての基礎意識のページです。

ベジタリアンについての基礎知識記事一覧

ベジタリアンとして動物性の食品を食べない生活をする思想を、ベジタリアニズムと言います。世界各地に様々な理由や動機でベジタリアニズムを実践している人達はいますが、その歴史や背景はそれぞれ異なっています。不殺生を戒律とする思想から始まったとされているインドではヒンズー教、ジャイナ教等で2000年以上前から存在していた事がわかっています。ヒンズー教では肉食はしないものの、乳製品は食べます。ジャイナ教は最...

ベジタリアンになっている人にはそれぞれ動機や目的、意味があります。宗教上の理由でベジタリアンになっている場合には、戒律として決められている事を守る事によって、自分自身の内面に対しての意味があります。しかしながら、最近では健康上の目的で過剰な肉食を避けてベジタリアンとなっている人も少なくありません。厳密に肉類も魚介類も食べないという人もいれば、それぞれの考えに基づいて乳製品や卵は食べる、魚や甲殻類、...

ベジタリアンの毎日はどのような食事をしているのか、必要な栄養やエネルギーは足りているのだろうかと、普通の人には疑問であり興味のある点です。ベジタリアンと言っても、世界中には色々な考え方に基づいて実践している人々が存在する為に、その食事には大きな違いがあります。共通する事は肉類等、動物性の食品を避けると言う事です。ただ、誰もが完全な菜食主義を実践している訳ではありません。最も厳格であるのはビーガンと...

ベジタリアンが注目される理由の一つには、肉食を中心とする食生活の弊害が挙げられます。もちろん肉には健康な身体を維持する為のたんぱく質を筆頭に、大切な栄養が多く含まれていますから、肉を食べる自体が悪い訳ではありません。ただ、肉に偏った食事をしていると中性脂肪が多くなり、皮下脂肪や内臓脂肪が蓄積されてメタボリックシンドロームになり、やがては生活習慣病になるリスクが高くなります。また、動物性たんぱく質を...

ベジタリアンの食生活は、肉食中心の食事よりも健康に良いと言うイメージを持っている人もいるでしょう。確かに、肉類へ偏る事で生活習慣病のリスクは高くなり、日本人の食生活が肉を中心とするように変化した事によって、メタボリックシンドロームが問題になっています。肉や魚が飼育されたり養殖されたりする過程で使用される化学物質については、人体へ悪い影響をもたらす事等が問題になっている事も事実です。しかし、ベジタリ...

菜食主義を実践する事で、肉食中心の食生活をしている人に不足がちな食物繊維やビタミンC、カリウム、マグネシウム、カロテノイド、フラボノイド、葉酸、フィトケミカル等の大切な栄養を豊富に摂取する事が出来ます。生活習慣病の原因となる動物性脂肪を摂取しないか、摂取しても量が少ない為、健康に良い影響を与えるとして注目されています。しかし一方でたんぱく質やオメガ3脂肪酸、鉄分、亜鉛、カルシウム、ビタミンB12等...